2009年11月17日火曜日

ムービー作成終了・・・


ムービーを作り始めたら止まりません。やっぱり楽しい!
で、気付いたら朝・・・

どうも、yeahです。
ストーリー案の確定から撮影開始、終了まですごく短いスパンだった。
メンバーの都合あわず、セカンドライフ上でログイン、アウトのすれ違い。
ようやく素材がそろったあとも苦難は続く・・・
ムービーを作っていると突然プレビューの再生ボタンが反応なしに。
生協PCの低スペックっぷりが泣ける・・・
さらに編集ソフトはwindowsムービーメーカーだったため、
オーディオトラックは一つのみ。
異なる音を同時間帯に鳴らすためには、一度一方の効果音を入れたムービーを書き出し
それを素材としてもう一度読み込み、編集という手間のかかる作業をしなければならなかった。

それにもめげず、今無事完成しました。

コンセプトと、魅せたい部分は良く動画に反映できたと思う。
飽きないようにメリハリつけたので、是非最後までご覧下さいね。

メンバーのみんな、お疲れ様。


ビコーン


■完成版ムービー
video


■youtube版はコチラ

2009年11月16日月曜日

最終的なストーリーの流れ

ストーリー
こぎれいな街八王子は一見平和な街だが、その上空にはこれを守ることを目的とした空中オタクシティ秋葉原
が存在した。そして一見普通の一人の男が実はそこに眠る八王子ロボ(ザク)を操り、日々の平和を守っていた
という設定。



*ナレーションかテロップ*
ここは八王子。 平和で閑静な住宅地。人々は優雅にティータイムを楽しみ、笑顔で日々を過ごしていた。
だが彼らの多くは知らないのだ。この街を守るために戦う一人の男と、天に浮かぶもう一つの街のことを…

①上のナレーションに合わせ街の全景、それぞれを流す。     (さわやかなBGM) 

②カフェ、一人の男がカフェでギターを弾いている。

・ガンダムの足元の映像      (画像をノイズ入ってるっぽく出来たら最高 ゴゴゴゴゴ)

・男、見上げる           (キュピーンみたいな音)

・もう一度ガンダムの映像

・男ダッシュ           (緊張感のある感じのBGM)

③塔を登っていく男        (緊張感のBGM継続)

・てっぺんで立ち止り、ジャンプしてフレームアウト。ワープ  (ワープ音必須)

④空中都市の全景から

・男がどこかの1室にワープしてくる。主観で見まわした後、外へ。

・内部の様子をポイントごとに映す。 (BGMは出撃前かアニソンな感じで)

・男どこか別の部屋に走っていく   (視点は入り口手前で固定)

・シャアの格好で出てくる。

・街中央の塔へ走る。        (走り出したら出撃前的な曲に変更)

・中のエレベーター起動、上へ

・上に来たらザク前で立ち止まる。

・このまま後ろに引きザクの全景を映す。 (超かっこいいBGM)

・カメラパンし隣の倉庫と2階の指令室的ものなどを映す。  (BGM継続、1階から2階を下からなめる。)
 中でメイド働いてる*動いてるだけ

・ザク起動              (起動音ビコーン このシーンは櫻井に撮ってもらった 後からもらう )  

・ザク発進              (どしゅうーって感じの音)

⑤空中、ザク視点から

・ガンダムのとこまで飛ぶ        (出来ればBGMは本家のガンダムから颯爽たるシャアで。確保済み)
 主観のほか、地上などからも撮影

・ガンダム、ザクが両者映る位置からザクが突っ込むところで暗転

⑥八王子のカフェ まばらに人がいる

・男歩いてくる。 格好は普通

・ギター装備して演奏しだす

・エンドロール
                      
という感じか。

2009年11月15日日曜日

八王子ロボ


出撃の時を静かに待つMS-06sシャア専用ザクⅡ。下界の八王子シティの平和を守るために、
今日もいつもの3倍だ。ちなみに直方体とか円柱とかのパーツから作られてる。超めんどう。大きさは1/2スケールぐらい。

2009年11月13日金曜日

空中シティ


空中オタクシティ!!
オタクシティ!
秘密基地っぽい作りに
なってます!!
このザクすごいんだよ!!
かなり精巧!!

おしゃれな街


八王子!!!!
遠巻きに見た下の雰囲気は
こんな感じ^^
ちょっとわかりにくいかな;;
ま、いいか。

2009年11月10日火曜日

プリム数15000を踏むの巻

上空の秋葉シティでZAKUⅡ量産しようとしてたら「つくれるオブジェクトが限界数です」
みたいな表示出てきてめっちゃビビった…

2009年11月4日水曜日

ストーリー案

ストーリー案出来ました!

おしゃれな街”八王子”。
一見平和に見える街だが、昔からこの八王子を侵略しようと企んでいるやつらがいる。そんな奴らから八王子を守るために「空中オタクシティ秋葉原」という街が誕生した。
八王子の住人はこの秋葉原の街を知らない。唯一知っているのは八王子を実際に守っている男一人だけである。
普段は普通の住人で、カフェでギターを弾き皆を楽しませている男である。しかし、敵が現れると空中都市に上がりそこに眠る八王子ロボを操り、敵と戦うのだ。
さあ、今日も敵が現れたぞ!
どうなる八王子?どうする八王子ロボ!?

…といった感じでヒーローものっぽい流れのストーリーで進めていけばいいんじゃないかな。
敵は、ほかのチームが作成してた「アレ」を使えばいいかと。(笑)



三国